パピヨンを飼うことについて

トイレのしつけ方


パピヨンを飼い始めたら、まず最初にしなければいけないのが
トイレのしつけです。

これには根気が必要で、覚えるまで何回もきちんと教えなければいけませんが
もちろんむやみに叱れば良いかといえばそうではありません。

定期的に散歩に行く以外にも、家の中でパピヨンのためにトイレを用意しますが
その際に、どのようにしつければ良いのかについて、正しい知識を持って行わないと
パピヨンにとって今後悪影響になる可能性があります。

トイレのしつけをする際に気をつけることややってはいけないことが
ありますので、まずは飼い主がきちんと知識を身につけておきましょう。

向かい合わせ

パピヨンは小型犬ですので、しつけ方としてはケージの中でトイレをすることをお勧めします。
お留守番の際にも便利ですし、しっかりと場所を決めやすい為です。

ケージの中にトイレ用ペットシーツを敷き、パピヨンもケージに入れます。
なるべくなら、トイレをしそうな時間帯にケージに入れる事がポイントですが、
まだ子犬で時間が決まっていない場合は、ご飯を与えた後にする場合が
多いので、タイミングを見計らってしつけを行いましょう。

この時に、ペットシーツに少しのパピヨンの尿をつけておくと、犬が解りやすくて良いです。
ペットシーツの上で出来なくても、ケージ内で尿を出したのであればよく褒めてあげて下さい。

ストレスを感じる

シーツから外れたからといってパピヨンを叱ってしまうと、ケージ内で尿を出さなくなりますので注意が必要です。
まずは場所を覚えさせることが大事ですので、少しずつ段階を踏んでいく必要があります。
何回か同じことを繰り返すと、犬も理解しますので根気よく付き合いましょう。

これらの行為は、しつけ方の中でも一緒に暮らしていくうえで、とても大事な事です。
ペットとは言え意志を持つ生き物ですので、信頼関係を築くための大切な過程だと言うことを
心得ておいた方が良いでしょう。

最初に間違った教え方をしてしまうと直すのが大変ですので、気を付けましょう。