「お座り」


パピヨンにお座りを教えることは、飼い主としての基本の義務です。
特に外に出る機会が多い場合、言うことをきちんと聞けるように
しておけば安心ですし、周囲に危害を及ぼす心配もありません。

また、室内においても、「待て」のコマンドの時や
犬を落ち着けさせる時に必要です。

ご飯を与える時にも活用できますので、教えておいて損はないコマンドです。

こういった「お座り」や「待て」のしつけは非常に重要です。
我慢を覚えさせることで、外に出ても飼主の言うことを聞けることで
周りの人にも安心感を与えられます。

反対にこれができていないと、犬を怖がっている人の近くに寄って
注意をしようとしても、言うことを聞けない可能性が出てきます。
これでは飼主の努めを果たしていることになりませんので、まずはしっかりしつけましょう。

しつけ方としては、まずはパピヨンが好きなおやつをいくつか用意します。
自分の前に犬を呼んだら、お尻の部分を軽く下に押してあげます。
そうすると犬は自然に座る姿勢になります。

仲間と一緒に

そこで、すかさず「お座り」と言いおやつを一つあげます。
基本的にはこちらの一連の動作の繰り返しになります。
犬の視線は飼い主の方を向くようにさせましょう。

動き回る

だんだんとスムーズにお座りが出来るようになってきたら、おやつを使用しないで
しつけていきましょう。

おやつばかりあげていると、おやつの為にコマンドを聞くようになってしまいます。
飼い主との信頼関係を築くしつけ方として、おやつ無しでのコマンドも教えておくことが必要です。
例えば上手くできたら頭をなでてやったり、おもちゃで遊んであげるといった
方法もあります。

こちらも、毎日根気よく教えていく事が必要です。
犬が一度に集中できる時間は15分ほど、と言われています。

また、コマンドのフレーズも一貫性を持たせましょう。
「お座り」というのか「待て」と言うのか、そのたびに言い方が変わると
犬も覚えにくくなってしまいます。

1日で教えきろうと思わずに、ゆっくりと楽しくしつけていきましょう。