パピヨンを飼うことについて

押さえておきたい特徴


パピヨンの飼い方の特徴はその性格にあり、とにかく友好的で甘えんぼ、
またとても賢い犬なのでしつけやすいことです。

昔は貴族に好んで飼われていたこともあり、見た目も優雅で
どことなく高貴な雰囲気を漂わせています。

体力もあるので、小型犬は散歩をさせなくてもいいと思っている方も
いるかもしれませんが、毎日散歩に連れて行きましょう。
あまり外に出せない状況にある場合は、室内でもおもちゃで
遊んであげるなどして、飼い主が十分な運動量を確保してあげましょう。

運動不足はストレスになり病気にも繋がりますので気をつけてください。

また、叱り過ぎたり育てる家族で喧嘩などが多いとよく
鳴くようになる可能性があります。

飼いならす

それはストレスのせいなので、なるべくストレスを与えないようにしながら、
きちんとしつけをしましょう。

過保護になりすぎても、パピヨンの性格から強気な態度に出ることがあるので
注意が必要です。

パピヨンと言えば、見た目にも美しい毛並みは細く長く
毎日ブラッシングをしてあげる必要があります。

気になるほうに

毛が抜けることもブラッシングをすることで少しは抑えることができます。
ドッグカフェなどに行く際は、ドッグウェアを着用すると良いでしょう。

室内で飼うことが望ましく、また走る時の負担を気を付けるため床は滑らないようにしておくことです。
これらの飼い方の特徴に注意した上でパピヨンを家族の一員として迎え入れてください。

環境を整えることも大事ですし、付き合っていく上で常に状態を見ることが大事です。
体調面はもちろん、何かに怯えているような表情や行動を見せたり、
なぜか良く吠えるなどの現象が見られる場合は、しつけの仕方を見直す必要も
あるかもしれません。

定期的に獣医に通い、そういった細かなところから相談してみたり
インターネットで情報を集めてみるのも良いでしょう。
思わぬ原因が見つかるかもしれません。